憧れのハーフのような目肌立ちに美容整形で変身しよう

安全に整形をしよう

医者と看護婦

整形を行う際は美容外科の選び方がかなり重要です。これは症例件数やアフターケアを重視して調べるといいでしょう。またリスクのある施術も扱っているので注意しておくといいです。なるべくリスクを回避するなら千葉の美容整形外科で切開しない施術を利用します。

憧れの鼻美人になるには

レディ

コンプレックスを鼻に感じている人におすすめなのが、千葉の美容整形外科で受けることができるプロテーゼ治療です。人工の軟骨を鼻筋に入れるこの方法、より自然で手軽に見た目の状態を良くしていくことができるのです。

鼻の形を整える施術

女性

軟骨を鼻先に埋める

美容整形したい部位として、毎年、上位にランキングされるのが鼻です。日本人の場合、ブタ鼻、鼻が低すぎるなどの悩みを抱えている人が多くいます。なので、高くてきれいな形にしたいと考える傾向にあるのです。ただ鼻という部位は、メイクでも形を変えることがとても難しいです。強いコンプレックスがあるなら、思い切って鼻の美容整形を受ける事をお勧めします。千葉のクリニックでは、鼻中隔延長術という整形手術があります。これは、体から採取した軟骨を鼻の先端に埋める治療です。軟骨自体が柔らかいので、鼻の向き・高さなどを微調整することができます。そのため、自分の理想とする形に近づけられるというわけです。この整形は、自分の軟骨を移植するので、異物による拒否反応が出にくいです。したがって、体への安全性はとても優れていると評判になっています。軟骨を採取する箇所は、複数から選ぶ事ができます。たとえば、耳の裏にある軟骨、両鼻の間にある軟骨、肋骨にある軟骨などです。採取する軟骨は、自身が希望する鼻の形状、千葉のクリニックによって異なります。そのため、事前のカウンセリングでどこの軟骨を使えばいいか、じっくり話し合う事が大事です。

施術後に気をつけること

鼻中隔延長術は、鼻先を切って軟骨を埋め込んでいく美容整形です。鼻の整形はとても繊細なものなので、手術後しばらくはギブスで固定する必要があります。軟骨が固まるまでは、鼻の形、切開した面積で異なりますが、平均一週間かかります。なので、仕事などをしている方はしばらく休む事をお勧めします。それと、千葉での美容整形後は、いくつか生活習慣で気をつけなければいけないことがあります。それは、術後の2週間は鼻に強い刺激を与えないことです。例えば、毎日の洗顔で鼻の部位を洗う際は、特に優しく洗うように意識します。また、うつ伏せに寝てしまうと、気づかないうちに鼻にダメージを与えることになります。よって、必ず仰向けの状態で寝る事が大事です。その他にも、絶対に鼻をかむことも控えた方がいいです。ただ鼻をかめないと、相当なストレスを感じることになります。例えば、花粉症や風邪の際に鼻をかめないととても辛いです。なので、鼻中隔延長術を受ける時期にあらかじめ注意するべきです。花粉症になりやすい時期を避ける、健康な時に整形を受けるなど配慮すべきです。それと、千葉のクリニックで鼻中隔延長術をしてから、しばらくメガネはかけられないです。最低でもギブスが取れるまではメガネの装着は許されないです。なので、コンタクトレンズで視力を補うようにすると良いです。

ネットの活用もできます

看護師

千葉には美容外科がたくさんあるので、美容整形を行いたい時には適しています。扱っている施術も豊富で一般的な美容整形から痩身に至るまでさまざまな治療を受けることが可能になっています。その他にも脱毛やホクロ除去などがあります。

永久に二重にできる施術

女の人

切開法は、まぶたを二重にできる人気の美容整形です。二重のラインにまぶたにメスを入れて、不要な組織を除去して縫い合わせていきます。術後のダウンタイムが伴いますが、千葉のクリニックでは永久に効果があると人気です。