永久に二重にできる施術|憧れのハーフのような目肌立ちに美容整形で変身しよう

憧れのハーフのような目肌立ちに美容整形で変身しよう

永久に二重にできる施術

女の人

一重まぶたを二重にできる

日本人の多くは、一重まぶただといわれています。そのため、一重である事をコンプレックスに感じ、綺麗な二重に憧れる女性は少なくないです。昨今、アイプチで簡単に二重にできますが、いつでも二重でいたいと思うのは当たり前です。そんな方は、二重まぶたの整形を受ける事をお勧めします。千葉のクリニックには、まぶたを二重にできる埋没法と切開法という美容整形があります。埋没法は、昨今人気がある二重のラインに糸を留める美容整形です。ダウンタイムが短いですが、永続性がないというデメリットがあります。半永久的に二重を維持したいならば、切開法がおすすめです。切開法は、二重のラインで切開し、余分な組織を除去して縫合する整形です。理想どおりのきれいな二重を確実に作ることができます。ただし切開法はまぶたにメスを入れるので、埋没法より目に負担がかかります。それと、腫れや痛みなどのダウンタイムも伴う事を覚悟しないといけないです。しかし、切開法は、埋没法できれいな二重が作れない人でも確実に二重を作ることが可能です。千葉のクリニックでは、無料でカウンセリングを行ってくれます。二重まぶたに興味のある方は、一度、相談してみると良いです。

ダウンタイムの症状とは

まぶたの切開法は、永久的に二重にすることができる美容整形です。千葉のクリニックの医師と二重の幅、ラインを相談する事で、希望の仕上がりになります。ただし切開法は直接メスを入れるので、施術直後のダウンタイムが確実に伴います。例えば、美容整形の直後は、まぶたの腫れがかなり目立ってしまいます。腫れにより、希望していた二重の幅が広くなって見えてしまいます。しかし、これは腫れのせいなので、時間が経過して腫れが治まれば予定の幅に仕上がります。その他にも、皮下出血、切開の跡が施術直後は目立つ事もあります。皮下出血はおよそ2、3週間、切開の跡は1か月かけて徐々に薄くなっていきます。確実に消えるものなので、あまりに心配する必要はないです。このように千葉のクリニックでの施術後は、ダウンタイムがあります。なので、切開法を受ける際は、夏休みなどの長期休暇前を選ぶ事をおすすめします。それと、お酒の摂取、熱い湯での入浴は、血液循環を良くして腫れが強くなる原因となります。なので、ダウンタイムを短くするには、できるだけ安静に過ごす事が大事です。氷などで患部をしっかり冷やすアフターケアを行うと、術後の回復は早くなります。